ギャンブルは、うまく自制できれば最高に楽しい

ギャンブルはスリルと興奮に満ちた遊びで、結果が予想できず、次に何が起こるかわからないものです。そのため、プレイ中のゲームがスロットマシンであれ、熟練のプレイヤー相手のポーカーであれ、ギャンブルにおいては常に自制心を働かせて、衝動を抑える方法を覚える必要があります。 

ギャンブラーは趣味にお金と時間を使っているため、お金を予算以上に使いすぎたり、損失が埋められないという状況になったら、それが引き時です。 

ギャンブルは適度に行えば害はありませんが、損失が大きくなりすぎる前に、方向性を変えたりゲームを止めるべきタイミングを頭に入れておくことが重要です。今回は、自分をコントロールしながらプレイできるようになるための秘訣をいくつかご紹介します。 

  • 退屈な時間の過ごし方を他にも事前に見つけておく。暇な時間にギャンブルをするのは楽しいものですが、それだけに依存すべきではありません。自由な時間がたくさん取れそうな休日には、カジノにすべての時間をつぎ込むのではなく、他の楽しいアクティビティの計画も立てておきましょう。 
  • 一瞬一瞬を大切に生きる。過去の損失について考え続けるのはやめて、ギャンブル以外のことでそれを乗り越える方法を考えましょう。ギャンブルに関係があることでも、そうでなくても、今できることに集中して考えるべきです。 
  • 昔の趣味に戻ってみる。ギャンブルに熱中すると、それまでの趣味への興味を失ってしまうというのはよくあることです。ギャンブルに時間を使いすぎていると感じたら、過去の趣味やアクティビティを再開してみるのも良いでしょう。 
  • 特別イベントに注意し、ギャンブルへの衝動に影響していないかを分析する。特にスポーツベッティングを行っている人は、特別なスポーツイベントの雰囲気に飲まれてしまいがちです。過剰に煽り立てるメディアや、関連する特別オファーなどは自制が効かなくなる原因になりうるので避けましょう。 
  • 大半の人は、ギャンブルで勝つとリラックスできる。たとえ負けたとしても、ギャンブルで感じるスリルで気分が良くなるものです。しかし、ギャンブルがあなたの問題を根本的に解決してくれるわけではありません。抱えている問題に対処するためには、ギャンブルに頼るのではなく、別の方法を見つけなくてはならないのです。 
  • いつまでも勝ち続けることはないことを心に留めておく。どんな戦略を使っても、どれだけ運が良い人でも、最終的に負けは訪れます。金銭的な問題を解決しようとギャンブルを始める人がいますが、長期的にはさらに損失を被る可能性があることを理解しておく必要があります。 
  • 自分はよくやっていると常に自分に言い聞かせる。自分の価値を決めるのは、ギャンブルやそれ以外の活動ではありません。自分にポジティブな言葉をかけたり、日々の感謝リストを書いたりすることで、自分がどれだけのことを成し遂げているのかを再認識することができます。 
  • 問題への対処方法を専門家に相談する。ストレス、恐れ、罪の意識などを感じているのであれば、問題の原因を特定し、その解決方法について専門家に相談することが大切です。